前へ
次へ

中国語を学習するならコミュニケーションが大事

中国語を勉強している最中で、さらにレベルアップすることを目指して日々勉強に励んでいる人も、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
中には、応用を学習されている人もいらっしゃることでしょう。
人によってはかなりの学習歴を持っていらっしゃるのではないでしょうか。
さらに、学習する目的に関しても、仕事に生かしたいと思っている人もいらっしゃれば、検定試験を受験するために学習を続けている人もいらっしゃるでしょうし、中国に旅行に行きたくて勉強をする人もいらっしゃることと思います。
どのような目的で勉強をするかということは、人によってさまざまであることしょう。
外国語をマスターするのであれば、まずはあらかじめしっかりと、発音を勉強していくことをおすすめします。
私自身もかなり前に中国人の方に挨拶をしたところ、まったく通じないということがありました。
アメリカ人にカタカナ英語が伝わらないのと同じように、カタカナ中国語の発音だから通じないということもありますが、声調という話す際の音の高さが合わなければまったくもって通じません。
常日ごろから意識していないだけで、日本語にも実は声調があるのです。
日本でいうところの関西と関東では全然アクセントが異なっても通じるので、実は日本では声調は重視されていないが事実だと言っても過言ではありません。
声調は練習しないとマスターすることができないので、しっかりと練習をしなくては中国人のネイティブとコミュニケーションを取ることは不可能です。
声調を練習するのであれば、まずはあらかじめしっかりと中国人とたくさんコミュニケーションを取ることが必要だと言えるでしょう。
もしも身の回りに中国人がいるのであれば、中国人とたくさん話をして、発音に慣れると良いのではないでしょうか。
日々の練習が大切なので、中国人と少しでも多くコミュニケーションを取るようにしましょう。
そうすれば、いつの間にか発音も身につきます。

専門書

Page Top